ファッション

オーロラシューズ 、雨の日でも履くよ!15年以上使用の口コミ。

オーロラシューズ

こんにちは!Kumikoです。

私が15年以上愛用しているオーロラシューズ

初めて出会ったのは、まだ独身時代。

働き出して、自分に使えるお金もちょっとずつ貯まってきた頃。

いいものを長く使いたいと思っていた私が

あるセレクトショップで出会ったのが、このオーロラシューズでした。

今回は、このオーロラシューズ を15年以上使用している私が、

その魅力をお伝えいたします!

 

この投稿をInstagramで見る

 

2019.9.12 * オーロラシューズがまた増えました。 * ブラウンのニューチャイニーズちゃん💕 * 何か転機があるとオーロラシューズを一足ずつ買うように決めています。 * 昨日は全てのオーロラちゃんをピカピカに磨きました。 無心で靴磨きするのは結構好きです。 * ピカピカツヤツヤに変身しまちた👞 * そして土曜日には大好きなあの場所へ⚾ 現地では今シーズン最後の観戦になりそう * 今日もよろしくね🎵 * #オーロラシューズ#ニューチャイニーズ#ミドルイングリッシュ#ウエストインディアン#ニューメキシカン

mikiさん(@miki_creamgreen)がシェアした投稿 -

オーロラシューズ ってどんな靴?

どこで作られているの?

アメリカ ニューヨーク州北部の農村部オーロラ町

の工房で生まれたシューズです。

職人の手により、手作業で丁寧に一つ一つ作られています

もう、これだけで、大切に履いていきたいと思いませんか?

オーロラシューズ の特徴は?

柔らかいオイルレザーを用いています。

オイルレザーとは

ロウやオイルなどで撥水性や堅牢性が与えられた強化レザー。

オイルレザーはそのうちの1つで、革に多量のオイルを加えることで、

耐水性と柔軟性を持たせたもの。

染み込ませたオイルによって、独特の艶があり、

また使い込むほどに

オイルが染み出て、独特の風合いを見せます。

ソールは、衝撃吸収性のあるビブラム社のソールを使用。

ソールを張り替えることで末長く使用できます。

 

形は、足を優しく包み込むような、コロンと丸くゆったりとした形です。

履き込むほどに、自分の足に馴染んでいきます。

15年使用した私のオーロラシューズ はこちら。

つま先の皮の色が、もう、剥がれてきていますね・・・

何しろ、夏場以外は、ほとんと毎日はいています。

仕事上、ハイヒールを履く習慣がなく、職場へも歩いて行って、そこで制服に着替えるという生活でした。

そのため、歩きやすいスニーカーやぺたんこ靴をよく使用していました。

医療関係の職場だったので、仕事でも、歩きやすいサンダルで過ごしていました。

初めてこのオーロラシューズ を履いた時には、ずっしりしているなぁという感想を持ったのを覚えています。

すぐに、その重みが、足を振り子のように運んでくれて、歩きやすい感覚に導いてくれました。

それ以来、私は、このオーロラシューズ の虜になっています。

雨の日も、オイルレザーのお陰で、中に染み込むことがありません。

靴の口の部分が、かなり広がってきているように感じます。

しかし、このお陰で、荷物を持ったままだったり、赤ちゃんを抱っこしたまま、

靴を履くことが出来るので、両手を使わずにスポッと履けるという点は、

ママになってから、かなり重要なポイントです。

履きこなしていくと、皮も柔らかくなってきて、足に馴染んでいきます。

終わりに

履けば履くほどに、足に馴染んでいき、いい味を出していく

オーロラシューズ 。

私は、素足では履いていなかったですが、素足でも履いているという方も

いらっしゃるようです。

1足しか私は持っていませんが、いろんなデザインがあるので、

ちょっと余裕が出てきたら、少しずつ他のデザインも挑戦したいです。

ABOUT ME
Kumiko
はじめまして!Kumikoこと益永 久美子です。 NE運命解析士。 週に2日ほど歯科医師として勤務医もしています。 35歳まで、仕事と趣味に生きていましたが、35歳で結婚。 36歳で長男、38歳で次男、40歳で長女、41歳で次女を出産し、 現在、小学生の男の子2人、幼稚園児の女の子2人の4人の子育て中です。 そんな中、NE運命解析学に出会い、これからの時代の変化、自分自身について学ぶことで、自分がいかに、闇の人生を生きていたのか知りました。自分の人生はおろか、子ども達の人生も潰してしまうところでした。 これからの時代を、自分らしく、楽に楽しんで喜んで喜ばれる、心豊かな人生を送っていけるように、皆様のお手伝いをしたいと思っています。