家事

新聞小説のススメ!子育てママのちょっとした息抜きに。

こんにちは!Kumikoです。

最近は、新聞を取っていないというご家庭も多いようですが・・・。

我が家は、毎日新聞を取っています。

新聞には、「新聞小説」という欄がありまして、私は、育児の合間に、例えば、子供たちが昼寝をしているちょっとした時間などに、5分くらいでパッと読めるこの小説欄が大好きです。

新聞小説とは

新聞小説とは、新聞紙上に、通常挿絵入りで連載される小説のことで、明治初期に始まりました。

1回1200字から1600字ぐらい,連載期間は100回から300回ぐらいです。

なぜ新聞小説はオススメなのか?

手軽にサッと読める

私が新聞小説を読み始めたのは、長男を産んだ後、授乳をしてスヤスヤ眠る赤ちゃんを横目に、さて、新聞でも読んでみるか、というのがきっかけでした。

5分くらいで、サッと読めて、今いる現実から、少し逃避できる!

もともと本を読むのは好きな方だったので、赤ちゃんのお世話で、本を買って読むどころではなかった時期に、ちょっとした娯楽ではないか?と感じました。

それに、新聞小説はうまくできていて、明日はどうなるの?というところでうまくまとめてあるんですよね。

本だったら、どんどん読み進んでしまって、「今日はここまで」というキリをつけるのが自分では難しいのですが、新聞ですと、強制的におわるので、「また明日!さ、現実戻って、日々の生活ガンバロ」となるところもいいです。

実写化、映画化される小説が多い

私が子育て中に読み始めて、映画化、またはドラマ化された小説がこちら。

「だから荒野」桐野夏生 (テレビドラマ化、NHK BSプレミアムドラマ)

主演:鈴木京香

「マチネの終わりに」平野啓一郎 (映画化2019年11月公開)

主演:福山雅治、石田ゆり子

現在4人のちびっ子達がいるため、どちらも観ることは叶いませんが、巷で話題になった時に、「あ、これ、原作読んだし、内容知ってる」と、ちょっとした優越感を持てました。

他にも、新聞小説から実写化された作品を探してみました。

 

「下流の宴」林真理子 (テレビドラマ化 NHK)

主演:黒木瞳

「女信長」佐藤賢一 (テレビドラマ化 フジテレビ)

主演:天海祐希

「安宅家の人々」吉屋信子 (テレビドラマ化 フジテレビ)

主演:遠藤久美子

「鞍馬天狗」大佛次郎 (映画化、ドラマ化)

過去に何度も映画化、ドラマ化されています。

「四十八人目の忠臣」諸田玲子(テレビドラマ化 NHK)

主演:野村萬斎

他にも過去に何度も映画化、ドラマ化されています。

「真珠夫人」(菊池寛)(映画化、ドラマ化)

主演:横山めぐみ

他にも過去に何度も映画化、ドラマ化されています。

「翔ぶが如く」(司馬遼太郎)(NHK大河ドラマ)

主演:西田敏行

「ひとひらの雪」(渡辺淳一)(テレビドラマ化 テレビ朝日)

主演:山本陽子

「横道世之助」(吉田修一)(映画化)

主演:高良健吾

新聞小説の歴史が長いため、今回は毎日新聞だけに絞って探しましたが、その他の新聞小説も含めて探すと、まだまだ沢山あリます。

まとめ

子育て中は、どうしても子供向けの絵本や、子供中心の生活になりがちです。そんな中、本の数分でも、自分の為に読む物があるだけで、気分が紛れることがあります。

最近では、又吉直樹さんの「人間」を新聞小説で読みました。

新聞小説、読んだことがない方、試してみてくださいね。

私は江國香織さんが大好きなので、江國さんの小説が新聞小説になったら、小躍りしながら読むかもです。

 

 

ABOUT ME
Kumiko
はじめまして!Kumikoこと益永 久美子です。 NE運命解析士。 週に2日ほど歯科医師として勤務医もしています。 35歳まで、仕事と趣味に生きていましたが、35歳で結婚。 36歳で長男、38歳で次男、40歳で長女、41歳で次女を出産し、 現在、小学生の男の子2人、幼稚園児の女の子2人の4人の子育て中です。 そんな中、NE運命解析学に出会い、これからの時代の変化、自分自身について学ぶことで、自分がいかに、闇の人生を生きていたのか知りました。自分の人生はおろか、子ども達の人生も潰してしまうところでした。 これからの時代を、自分らしく、楽に楽しんで喜んで喜ばれる、心豊かな人生を送っていけるように、皆様のお手伝いをしたいと思っています。