家事

洗濯機買い替え検討の方へ!ドラム式乾燥機能付き洗濯機がオススメ!

こんにちは!Kumikoです。

毎日の洗濯物、我が家は毎日6人分!

今回、梅雨前に、使っていた縦型の洗濯機の調子が悪くなってきたため、買い換えることになりました!

そして、やってきたのが、ドラム式乾燥機能付き洗濯機!

これが、本当に優秀!!

どこがオススメなのか、ご説明します!

洗濯物を天候に関係なく乾燥まで行ってくれる!

今日は晴れるかな、雨は降らないかな?と天気予報を気にしつつ、太陽の光でカラッと乾いて欲しいので、外に干しますよね。

でも、夕立にあってしまったり、急な天候の変化で、雨にあったり。外に干すと、がっかりすることもあります。

乾燥機能付きのドラム式洗濯機なら、天候に関係なくカラッと仕上がります。

台風の日でも、雨、雪の日でも、火山灰が降ろうとも、洗濯機のドアを開けたら、もう乾いているんです!

時間の節約にもなります!

乾燥させない場合、洗濯機から濡れた洗濯物を出して、広げて、干すという行為、そして、乾いた洗濯物を取り入れて、たたむまで、家族が増えればその分、時間が取られます。

乾燥まで終わっていたら、洗濯物を広げて取り入れるところまで、一気に終わっているわけです!

あとはたたむだけ!家中を洗濯物を持ってどこに干そうかウロウロしなくて済むのです!

かなりの時間短縮です

洗剤の自動投入機能が便利!

我が家が買った洗濯機には、洗剤の自動投入機能が付いていました。

洗剤を自分で計量して入れる必要がありません。自分で入れると、ついついちょっと多めに入れてしまいがちですが、その心配がありません。

使用する水の量が少なくて済む

縦型洗濯機に比べて、使用する水の量が少なく済み、ランニングコストが低いと言われています。

ドラム式洗濯機のデメリットは?

価格が高い!

縦型洗濯機に比べると、かなり高いですが、機能のことを考えると納得の価格です。

設置するためのスペースが必要です

扉が前へ開きますので、その分、前にスペースが必要になります。また、かなり幅もありますので、搬入する際の玄関からの導線に、しっかり幅がないと入りません!

乾燥まで行うと、シワシワになってしまう素材もある

まず、麻素材は向いていません。あと、薄いコットン素材のカッターシャツやブラウス、綿パンなどもシワシワになります。

洗濯物の量を減らして回すとか、シワにならない機能もあるようですが、わざわざ別に回すのも、ちょっと面倒です。

我が家が選んだ洗濯機はこちら!

そこで我が家にやってきた洗濯機はこちらです!

私は、シワになりやすい洗濯物、麻素材の服、子供や主人の綿パン、カッターシャツやブラウスなどは、自分がお風呂に入るときに、先に洗濯します。

こちらは、室内に干します。と言っても、全部を室内に干していた頃と比べたらそんなに量はないですので、翌日には乾いています。

乾燥できるもの、Tシャツ、タオル類、靴下、下着類は、寝る前に洗濯機に入れてセットします。翌朝起きたら、乾燥した状態でできているので、たたみます。

まとめ

私はこの洗濯機が来てから、洗濯に対するストレスが、激減しました!

何より、天候に左右されないことが本当に嬉しかったです。

しかも、時短!

毎日、何かしら家事に追われている方には、とてもオススメです!

私にこの洗濯機を勧めてくれて友人が「優秀な家政婦を1人雇ったのと同じくらいの価値がある!」と言っていました!その通り!

洗濯機購入に迷いがある方は、ぜひ、考えてみてください!

ABOUT ME
Kumiko
はじめまして!Kumikoこと益永 久美子です。 NE運命解析士。 週に2日ほど歯科医師として勤務医もしています。 35歳まで、仕事と趣味に生きていましたが、35歳で結婚。 36歳で長男、38歳で次男、40歳で長女、41歳で次女を出産し、 現在、小学生の男の子2人、幼稚園児の女の子2人の4人の子育て中です。 そんな中、NE運命解析学に出会い、これからの時代の変化、自分自身について学ぶことで、自分がいかに、闇の人生を生きていたのか知りました。自分の人生はおろか、子ども達の人生も潰してしまうところでした。 これからの時代を、自分らしく、楽に楽しんで喜んで喜ばれる、心豊かな人生を送っていけるように、皆様のお手伝いをしたいと思っています。