家事

夏の定番、そうめんの活用法。茹でて和えるだけの簡単アレンジ!

こんにちは!Kumikoです。

暑い夏のお昼ご飯といえば、冷たいそうめんが定番です。

いつも麺つゆにきゅうり、みょうが、大葉、などの薬味を添えてという定番な食べ方になりがちなので、今回は、簡単なアレンジをご紹介します。いつもと違うそうめんで、夏を乗り切りましょう!

そうめんの茹で方

手早くサッと茹でたい時、私はフライパンを使います。フライパンでお湯を沸かして、ごま油もひと回し入れます。すると、茹で上がった麺がくっついて固まるのを防ぎます。また、お湯に梅干しを1個入れることで、梅の酸で、麺にコシがつき、美味しく茹であがります。

私が使っているのは、鉄製の中華鍋です。オススメです。

そうめんは、茹で時間も、約2分。パスタと違って、あっという間に茹で上がるのも、夏にはとってもありがたいですよね。

茹で上がったら、氷水をはったボウル&ざるに移して、流水で手早く冷まします。触れるくらいに冷めたら、水を流しながら、少しもみ洗いしましょう。ここもサボると、麺が固まりやすいようです。
水気を切って、さあ、アレンジです。

そうめんアレンジ

<トマトとツナ>

トマト人数分、ツナ缶を混ぜて、麺つゆとごま油をかけたそうめんにのせていただきます。最後に大葉を散らすと、彩りもいいです。

<明太子とごま油とのり>

明太子とごま油をお好み量をかけて混ぜ、のりをのせます。

ネギや、きゅうりを散らしてもいいですね。

<高菜漬けとごま油>

高菜漬けとごま油をお好み量かけて混ぜ、大葉を散らします。

<マヨネーズと醤油>

マヨネーズと醤油をお好み量回しかけ、混ぜます。

刻みネギ、ゴマをかけて出来上がり。

<ツナとシソ>

そうめんにツナとごま油、麺つゆをお好み量混ぜ、シソ、ゴマを散らして出来上がり。

<釜玉そうめん>

卵1個と麺つゆ大さじ1くらい、ごま油小さじ1ほど、味の素少々を深さのある器に入れて混ぜます。

そこに、茹で上がったそうめんを、ざるには上げずにそのまま投入。

卵と麺をよく絡め、ねぎ、胡椒をかけて出来上がり。

<納豆とごま油とのり>

納豆と麺つゆ、ごま油をお好み量をかけて、あえて出来上がり。

お好みで、ツナ、大葉、オクラなどを乗せても。

 

また、クラシルさんによる、人気のそうめんレシピ10選をどうぞ。

最後のそうめんとジャガイモのチーズガレットは、そうめんを茹で過ぎて余ってしまった時に、そうめんの救済方法になります!子供が思ったより食べてくれなかった時、助かりますね。

 

まとめ

夏は、そうめんを冷やして頂くと、とても美味しいですよね。

子供達も、麺類は大好きです。いろんな味を試してみて下さいね。

そして、簡単アレンジで、お母さんもラクしましょう!

 

ABOUT ME
Kumiko
はじめまして!Kumikoこと益永 久美子です。 NE運命解析士。 週に2日ほど歯科医師として勤務医もしています。 35歳まで、仕事と趣味に生きていましたが、35歳で結婚。 36歳で長男、38歳で次男、40歳で長女、41歳で次女を出産し、 現在、小学生の男の子2人、幼稚園児の女の子2人の4人の子育て中です。 そんな中、NE運命解析学に出会い、これからの時代の変化、自分自身について学ぶことで、自分がいかに、闇の人生を生きていたのか知りました。自分の人生はおろか、子ども達の人生も潰してしまうところでした。 これからの時代を、自分らしく、楽に楽しんで喜んで喜ばれる、心豊かな人生を送っていけるように、皆様のお手伝いをしたいと思っています。